インプラント

インプラント治療を今泉俊一歯科医院ががんばっている理由

私は、約20年前に大学を卒業し、東京で歯科医院に勤務しました。

その歯科医院は、かなり進んだ補綴治療を進めていた歯科医院でした。

補綴(ほてつ)とは、入れ歯やクラウン(歯のかぶせ物)、などむし歯や歯周病で失われた歯や、歯の形態を回復する治療のことです。

やはり歯科医師である以上、こういった補綴治療の技術を上げることが大事だと考え、この歯科医院に入りました。

そこでは、先端の補綴技術である、コーヌス、メタルボンドクラウン、そしてインプラント(現在とはかなり違う京セラ製のサファイアインプラント)がすでに行われていました。

しかし、まだ新米だった私はインプラントの患者さんを受け持つことはなく、院長や先輩の先生の症例を見学させていただく程度でした。

その医院で約3年働いた後、郡山にある総合病院の歯科・口腔外科に勤務しました。

ここでは、口腔外科ということもあり、インプラントを見ることが何度もありました

しかしそれは、我々がインプラントをするのではなく、他の歯科医院や患者さんからの具合が悪くなったインプラントの、除去の依頼でした。

インプラントの除去症例は悲惨なものもあり、われわれ歯科のスタッフはインプラントに否定的になり、決して自分でやろうとは思いませんでした

というわけで、開業してからも数年間、歯周病やむし歯で歯を失った患者さんには義歯か、ブリッジを勧めていました。

しかし、義歯もブリッジも結局は残りの歯に負担をかけてしまい、残された歯も、歯が動く、歯が弱くなる等のトラブルが出て、抜歯となることもあります。

どちらにしても失った歯の機能を回復するために、他の歯を犠牲にしなければならないということは避けられません。

患者さんも判っていらっしゃる方は、

「先生、入れ歯もいいけど、ばねのかかった歯がまた悪くなるんだよね」
「ブリッジですか、どうしてむし歯でもないきれいな歯を削らなくちゃいけないんですか」

といわれたこともたびたびです。

患者さんのおっしゃることは、もっともなことで私自身もいつも考えていたことです。

歯のないところに入れ歯やブリッジをいれることにより、抜けた歯の周囲の歯を傷つけてしまうことがあります。

ブリッジの場合は、土台となる歯を細く削ります。
場合によっては、健康な歯の神経を取ることもあります。
これは歯にかなりのダメージを与えます。
健康な歯を削ることにより、むし歯になりやすくなったり、神経を取った歯が何年後かにまた悪くなる可能性もあります。

では「部分入れ歯」はどうでしょう。
これは、金属のばねのようなもので入れ歯を支えるものです。
しかし、それによって、支えになる歯に負担がかかり、歯が動いてきたりします。
それに、入れ歯を入れている違和感、また入れ歯を支えるばねが外から見えてしまう、などの欠点があります。

では、残った歯に負担をかけずに失った歯の機能を回復するにはどうしたらいいのか。

悩みました。

そして残った選択肢は、インプラントでした。

そこでまたインプラントについて勉強を始めました。

講習会やその他で勉強してみると、以前私が知っていたインプラントとは違っていて、安全性や機能がかなり向上していました。

また、実際にインプラントをなさっている、綜合病院の口腔外科の先生にお話をうかがったり、治療や、手術を見学させていただきました。

そして現在のインプラントは十分信頼できる、と納得したのです。

残った健康な歯にダメージを与えていた、入れ歯やブリッジに代わる方法として、インプラントは最適でした。

しかし、全ての方にインプラントが向いているわけではありません

むしろ、インプラント治療ができる患者さんは、インプラントを希望される方の一部に過ぎません。

全身状態、お口の中の衛生状態、お手入れの程度、残っている顎の骨の状態、またインプラントをしたあと定期的に健診にいらっしゃれるか(もちろん、定期健診にこられない方にインプラントはやれません)、などさまざまな条件が整った方にだけできるものです。

それでも、ご自分の歯を残しながら快適な生活を送りたい方には、インプラントはいい選択肢だと思います。

現在今泉俊一歯科医院では、市内の総合病院口腔外科と協力して、インプラント治療を行っています。

インプラントをする利点としては、

  1. 自分の歯とほぼ同じように咬める。
  2. 入れ歯のように取り外しをしなくてもよい。
  3. 他の健康な歯を削らなくてよい。
  4. 入れ歯では他の歯を支えにして負担をかけるが、インプラントでは他の歯に負担をかけない。
  5. セラミックやハイブリッドを使って、自分の歯と同じような色や形にできる。

また、欠点としては

  1. きちんとご家庭と医院でのお手入れをしないと、悪くなりやすい。
  2. 保険が利かないので、費用がかかります。
  3. 顎の骨の状態や全身の状態で、ご希望されても出来ない場合がある。
  4. 顎の骨にチタン製のインプラントを埋め込む手術が必要です。
  5. インプラントを埋め込んでから、3〜4ヶ月経ってから、上にかぶせるものをつくるので、期間が比較的長くかかる。その間は、義歯を使っていただくことが多いです。

などのことが考えられます。

インプラントが出てくるまで、歯を失ったところを補う方法は、入れ歯かブリッジしかありませんでした。

では、インプラントとは、どんな方にとっていいのでしょうか

  • 自分の歯を大事にしていて、歯を削りたくない方
  • 歯がなくなっても、入れ歯を使わないで自然な口もとにしたい方
  • 入れ歯を入れたときの違和感が嫌な方
  • 部分入れ歯を入れたときに、金属のばねが見えるのがいやな方
  • 食事の後、口から取り出して洗うのがいや、という方
  • 入れ歯は、食べ物がつまる、外れやすい、うまく噛めない、物がつまる、と不満がある方
  • きちんと歯のお手入れが出来る方。また、お手入れをしていこうと思っている方
  • 定期的にお口お手入れのために、歯科医院に通える方

またインプラントに不向きな方―やらないほうがいいと思われる方

  • 現在お使いの入れ歯で、全く不満や支障のない方
  • ご自分のお口の中の手入れをきちんとできない方
  • 定期的な歯科医院の健診―メインテナンス―に通えない方
  • 全身的に重要な疾患がある方
  • インプラントを入れる顎の骨が、著しく減っている方
  • 歯科の専門的な指導、指示を受け入れられない方

上記のことをよくお考えください。

あなたにはどんな治療法がいいのか、いっしょに考えましょう。
ご不明なこと、心配なこと、なんでもご相談ください。

私たちは、みなさまが生涯おいしく食べ物を食べられるお手伝いをしたい、と思っています。

インプラント問合せフォーム

お名前: ※必須
性別: 女性  男性
年齢:
メールアドレス: ※必須
電話番号: ※必須
ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須

インプラント治療を受けた患者様の声

「自分の歯で噛みしめる喜びを味わえる」が治療後のなによりの実感です。

先ず、治療を受けるまでの経緯ですが、10年以上前に足を滑らして顔面を壁にぶつけて二本の前歯の先端が少し欠けてぐらつく状態でした。欠けた部分を治療しながらも、いつもぐらつく歯を気にしながら思うように噛むことができずにいました。

昨年、インプラント治療を受け、全く違和感がなく快適だとの友人の話を聞き、もしかしたら私のこのぐらつく前歯も治療できるのではないかという希望を持ち、今泉先生に相談し、先生からインプラント治療に関しての説明をお聞きして、この治療を受けることにいたしました。

次に、治療の過程と感じたことと思ったことについて述べてみます。

1.インプラント治療が可能かどうかの検査(レントゲン・骨の量のチェック等)と治療に関しての説明を受け、安心して治療に臨むことができました。

2.検査や相談の結果、ぐらついている歯とその両側の計4本を治療してもらうことになり、4本を抜歯しました。出血も少なく、痛み止めの服用も必要ありませんでした。抜歯後に仮歯を容易してもらったので、日常生活には支障はありませんでした。

3.インプラント埋め込みのための手術時の痛みは全くなく、3時間程度で帰宅できました。ただ、帰宅後に腫れと多少の痛みがあったので、冷たいタオルを当てたら、翌日に口の周囲が青あざのようになり、それがなくなるまで1週間程度かかってしまいました。冷やしたために、腫れた部分の毛細血管が収縮したせいだと後でしりましたが、術後に冷やさないようにと教えていただけたら、マスクとサングラスで外出するような1週間を過ごさなくてもよかったかもと思いました。

4.人工の歯をインプラントに接続できる状態にする二次手術まで、インプラント埋め込み後、私の場合は6ヶ月程度かかりました。この二次手術は痛みも腫れも全くありませんでした。

5.人工の歯の作成にあたっては、噛み合わせはもちろん、周囲の歯に合わせた色合い等を考慮して作っていただき、その出来ばえには満足しております。

最後に、定期的な検診とブラッシング等の手入れを忘れないで、この快適さを保っていきたいと思っています。60歳にして私が味わったインプラント治療の喜びを、多くの方々にお伝えしたいとも思っています。

(2004年7月13日)

このページのトップへ

コンテンツメニュー

インフォメーション