治療の流れ

私たちは、痛い歯を削って治すことが大切だとは考えていません。あなたの歯を治すだけでなく、歯の大切さを理解していただき、なるべく歯ぐきの状態を改善した上で、虫歯の治療をさせていただいてます。

また、治療後も快適な状態を維持できるように、予防専用ルーム、担当衛生士など、万全の体制を整えています。

「歯なんか、痛くなければ良いんだ」という患者様には向いてないかもしれませんが、「本当に歯を大切にしていきたい」と考えてくださる方には、喜ばれる医院作りをしております。

応急処置+検査

痛みがある場合、痛みを取り除く応急処置をします。今後の治療計画を立てるために必要な検査を実施します。レントゲン写真、むし歯、歯周病検査、お口の写真撮影を行います。.

治療+カウンセリング

痛みが出ないように治療をしていきます。治療が終わったら、前回の検査結果を説明するカウンセリングを専任スタッフが行います。当院の治療方針、予防の重要性、患者様のお口の状況についてご説明します。悩みも聞かせて下さい。.

お口のクリーニング

かぶせ物などを入れる前に、きちんとお口をクリーニングしておかないと、むし歯が再発する危険性があります。また、お口の中の細菌を見ていただきます。

普段、見ることが出来ない、お口の中の細菌を見ることで、予防の重要性を理解して下さい。.

治療再スタート

むし歯と歯周病の治療を再開します。ここでは、多くの場合、歯を削ったり、詰めたりします。痛くなく、怖くなくをモットーに治療します。今後のために、頑張って治療を受けて下さい。
お口の中の写真を見ていただきながら、ご説明いたします.

カウンセリング

どのような治療方法、どのような材料を使って治療していくか、患者様に詳しくご説明いたします。患者様が抱える不安、疑問、悩みをお聞かせください。その方にベストな解決策を一緒に見つけたいと考えてます。.

治療終了、予防へ

治療が終わってからがスタートです。これから、歯が悪くならないように、その方の状態に応じて数ヶ月ごとの定期健診を専用の予防コーナーで快適に受けてください。.

今泉俊一歯科医院の診療方針

みなさんの中には歯が何本か、もしくはすべてなくなっている方もいらっしゃると思います。

左図のように、歯を失う原因のほとんどが虫歯と歯周病です。その他には、外傷(交通事故など)などがあります。

つまりご自分の歯を守るためには、虫歯と歯周病にかからないようにすればいいのです。
失礼しました、そんなことは皆さんご承知ですね。

皆さんも今までも歯医者にかかっていたと思います。

「悪くなったらまじめに歯医者に通う。歯医者もまじめに治療する。ところがしばらくするとまた具合が悪くなってしまう。何度も治療を繰り返しているうちに歯を失ってしまうこともある。」こんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これまでの歯科医療あり方には2つの大きな問題があったのです。

一つは、「歯は悪くなったら直す」と考えていたこと、
もう一つは「口の中の手入れをきちんとする」という意識がかけていたこと、です。

歯科医院での治療や、自分でするブラッシングだけで口腔の健康を守ることには限界があります

悪くなったときだけ歯医者で処置をしてもらい、手入れは自己流の歯磨きだけというのでは、虫歯や歯周病の原因から考えると、口腔の健康を守るには不十分なのです。

今まで歯科医療に携わっている私たちは、『自分の健康を守るために何が必要か』を患者さんや一般のかたに十分に説明をしていなかったと思います。

患者さんの中には「歯は痛くなったら歯医者に行けばいいや」と考えている方も多く、そして「治療の途中でも痛みがなくなると、歯科の治療を中断してしまう方」さえいました。

治療だけでは、自分の健康を守ることはできません

以前は、歯医者というところは痛いところを治療し、咬めるようにするところだと思い込んでいる患者さんが多かったものです。

そのため治療の前に歯磨きの仕方を練習したり、歯やはぐきのお掃除(歯石や歯垢の除去)をすると、「そんな事はいいから、歯の治療だけやってくれ」といわれることもありました。

しかし最近は、多くの方が自分の歯やはぐきの健康と美しさに、大きな関心を持つようになってきました。

そして治療が終わった後も口の中の良い状態を維持するために、『治療ではなくお手入れに』定期的に医院にいらっしゃる方が多くなってきたのです。

お口の健康を維持するためには、みなさんがご自分でなさるセルフケアと、歯科医院で行うお手入れのプロフェッショナルケアの両者が必要です。

ちょうど皆さんが美容院や床屋さんに行くような感覚で、定期的に悪くならないようにお手入れをしていくことがいいと思います。

歯科医療は、今までのような「悪くなって直す医療」から、「悪くならないための医療」へと転換しはじめています。

現在今泉俊一歯科医院では、多くの方が定期的にお口のお手入れだけにいらしています。

それはみなさまが、ご自分の健康や美しさにおおきな関心を持ち、それを持続させたいと願っているからだと思います。

私たちは、患者さんがご自分のことについてより理解しやすいように、お口の中の写真をとったり、レントゲン撮影をしたり、お口の中の細菌の状態について検査をしたりします。


お口の中の写真を撮ります


デジタルレントゲン写真


お口の中の細菌

.

そして私たちは、そのような資料を分析し診療方針を立て、予防プログラムや、治療を進めていきます。

最後に、歯周病の細菌は口のみならず、心臓や血管の病気、肺炎、糖尿病、低体重児などさまざまな全身疾患と関係し、その原因の一つであり、それを悪化させる存在であることがわかっています。

お口はからだのいり口です。そこにばい菌があれば、からだの中に入ってしまいからだ全体の健康を蝕むこともあります。

われわれは、常にみなさんのお口の中を清潔にすることにより、みなさんが健康で笑顔あふれる生活を送っていただけるよう、日々お手伝いをしていきたいと思っています。

お手入れに来てくださる方の場合は、もちろん処置に痛みはありませんし、みなさん気持ちがいいとおっしゃってくださいます。
みなさんそれぞれにお口のなかの状態が違いますので、来ていただく間隔も違います。

毎月いらっしゃる方もいれば、4ヵ月後という方もいます。

ぜひ、これからは治療が終わった後もお口の中をいい状態に保つために定期的な健診と、お手入れにいらしてください。

私たち今泉俊一歯科医院のスタッフ全員は、皆さまと一緒に皆さまの笑顔と健康を守っていきたいと思っています。

このページのトップへ

コンテンツメニュー

インフォメーション